歯科医療は治療より予防が大事

img-1

歯科の治療というと皆さん何を想像されますでしょうか。

ドリルで歯を削って虫歯を除去し、そこへ詰め物をするというのが、歯科治療の主流です。また特に深い場合は、歯の表層、象牙質だけでなく、神経の部分も削る必要がでてきます。


神経の部分を削るのは痛みを抑えるのが目的ではありません。象牙質、エナメル質に比べて虫歯が神経に達すると、炎症を起こして体全体に影響が出てくるために削るのです。


歯科といっても医療の分野には変わりありませんから、体全体を診る必要もあるんです。

象牙質は少しぐらい削っても再生します。
唾液に含まれる再石灰化成分や、歯につながる血管から栄養分をもらえるからです。

しかし神経を削ってしまうと、同時に血管も失われるため、再生はできなくなっていまいます。
私がお世話になった先生は、このように一度削ると元に戻すことは不可能という歯科の特性を考えた末、歯科にもっとも必要なことは、削ったり埋めたり、代わりの歯を作ったりすることではなく、虫歯にならないようにすることだと考えました。


しかし歯科も治療代をいただかないと食べていけませんから、虫歯がまったくなくなってしまうと生活ができなくなってしまいます。


この矛盾を解決するのが、予防するということでした。


普通の人は虫歯にならないと歯医者さんへは行かないと思います。
しかしこれが間違いなのです。

予防することこそが重要で、虫歯になってからでは本来は手遅れなのです。
予防を充実させるため、この医院では多くの衛生士が勤務しています。
歯科衛生士の方は、他の医院では歯科医師の手伝いのようなことをしている場合が多いのですが、ここではむしろ主役なのです。歯石除去はこれでもかというぐらいやります。


私も歯茎が削れるぐらいとらされました。


しかし歯茎は肉ですから、いくらでも再生するので、痛いのはそのときだけです。

そして磨き方も丁寧に指導してくださりました。


特に虫歯でない人も、予防のために歯科医院へ行ってみてください。

自毛植毛のマニアックな情報をお届けします。

しっかりとした梅田の医療レーザー脱毛の情報が詰まったサイトです。

厳選したスキンケアの口コミの有益な情報の紹介です。

特別な銀座のニキビ情報を利用してみませんか?

美容整形の情報をご説明します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11146585841

https://matome.naver.jp/odai/2140729405891297401

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1389639323

関連リンク

img-2
ゲルマローラーの基礎知識とは

初めて会う人のどこを見るかと聞くと、その答えの多くは「相手の顔」と返ってきます。肌の状態や顔の表情などの見た目は、相手に対して様々な印象を与えます。...

more
img-2
育毛剤で頭皮ケアをしています

外見の悩みは誰もが抱えているものですが、私の場合は髪が少ないことが悩みとなっていました。もともと髪の量は多いほうではなく、髪も細かったのですが、年齢とともによりボリュームが落ちてしまった感じがします。...

more
top